水草水槽を長期維持って何年ぐらい

水草水槽長期維持するっていうけど、何年ぐらいを考えてるの?
そんな質問が聞こえてきそうですね。

だいたい、3年以上はリセットなしに、維持していきたいです。

リセットとは、底砂も全部とりかえて、水草水槽のセットを最初からやり直すこと。

水草水槽だけでなく、フィルターの掃除もなるべくなら、長期間したくないんです。

こんな維持のイメージでしょうか。

いま、一番長く維持している水草水槽の様子は、こちらのブログにありますよ。


 ★緑がいっぱい自然派水草水槽




posted by トモ at 2010年01月25日 03:00 | 水草水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長期維持ができる水草水槽

水草水槽長期維持するために、考えたこと。
ソイルだけでは1年過ぎると崩れてきて、長期の維持は難しい。
砂はPHに影響でたり、肥料の入り具合や、根張りが悪かったりする。

だったら底床は、両方あわせたようなものってことで、
園芸用の土(PHは弱酸性表示のあるもの)の上に、PHをアルカリに傾けないように酸処理した大磯砂を敷けばいいじゃないかってことにしてます。

フィルターは、外部フィルターがメインです。

ライトは、水草用のものなら何でもOKです。暗め長時間でも何とかなってたりします。

低床の作り方は、こちらのブログに出ています。


 熱帯魚水草を楽しむブログ


posted by トモ at 2010年01月24日 04:33 | 水草水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱帯魚飼育と水草水槽

熱帯魚飼育水草水槽で行うと、次のようなことになってしまいます。

  1. 綺麗な水草レイアウト水槽を作ると維持が大変で熱帯魚飼育どころでない。

  2. ソイルを使用した水草水槽は、長期維持が難しい。

  3. コケや病気が発生したら、リセットを余儀なくされる。

そこで、熱帯魚を飼育することを前提に長期維持ができる、自然派水草水槽を始めてみました。

こちらの、ブログで自然派水草水槽維持の様子を紹介しています。


 熱帯魚といっしょ自然派水草水槽


タグ:熱帯魚 水草
posted by トモ at 2010年01月23日 23:51 | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。